膝の痛み >  関節リウマチと膝の痛み

関節リウマチと膝の痛み

関節リウマチの人で、膝に痛みがあるときは、まず炎症が治まっているか確認します。
それから、痛みの原因を調べます。
関節の炎症が続いているときは、薬物治療の効果を確認して、効果次第では関節リウマチ治療薬「生物学的製剤」を使用します。
関節リウマチ治療薬「生物学的製剤」は、遺伝子工学によって作られる体の中の特定の部分にだけ作用する薬です。
関節の炎症が治まっている場合は、関節の変形によって痛みを起こしている原因だと考え、整形外科的な治療をします。
主に、関節の変形が弱いときは、運動療法、消炎鎮痛剤などで治療をします。
運動は、1日30分で週5回くらいウォーキングや膝の周りの筋肉を鍛えるトレーニングを行うことをおすすめします。
また、痛みがあるときは、消炎鎮痛剤を使い痛みを調整します。
さらに、関節の変形がひどくなり、軟骨がほとんどない状態にまでなると、歩行することも難しいです。
その状態で消炎鎮痛剤も効果が無い場合は、手術が検討されます。
関節を人工関節に置き換えるもので、滑らかに動くようになり、支障が出ていた生活も改善されます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.