膝の痛み >  関節リウマチと下半身の関節破壊

関節リウマチと下半身の関節破壊

関節リウマチを薬物による治療を行っても、炎症を抑制するにしかすぎません。
すでに関節が変形しているなど異常が起きている状態では、修復することはできません。
特に下半身の関節、膝関節や股関節、くるぶしなどは体重が常にかかっているため負担となっています。
関節リウマチによってだんだんと関節の破壊が進行してしまい、ひどい痛みを伴うようになります。
加齢によっても関節の変形はみられますが、70歳代から80歳代に多いです。
しかし、関節リウマチがあるともっと若年代でも起こる場合もあります。
関節リウマチになった年齢やどんな薬物を使って治療したか、薬による効果はどうだったかなどによっても状態が違います。
関節リウマチの症状は、全身にみられますが、特に膝の痛みに悩まされている人が多くいます。
関節リウマチを薬物にて治療しても効果が得られないとき、すでに症状が進行しすぎてしまっているときは、手術による治療が検討されます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.