膝の痛み >  膝の痛みがあらわれるのはどんな時

膝の痛みがあらわれるのはどんな時

膝の痛みには、急激に痛みが走ったりする急性的なものや、徐々に痛みが増していく慢性的なものがありますが、一体どのような時に痛みがあらわれるのでしょうか。
多くの場合、歩き始めや何か動作をする時に痛みを感じるようです。
しかし、歩いても痛くはならないけど走ると痛みが起こるという人もいます。
歩いている時よりも走っている時の方が、膝にかかる衝撃が強いため、症状が軽度の場合は、歩いていれば痛くはないが走ると痛いという現象が起こるのです。
階段を昇ったり降りたりする時や、立ち上がった時に痛みを感じる人も大勢います。
これも走っている時と同様に、平地を歩いている時よりも膝にかかる負担が大きいためです。
膝の痛みが起こる疾患に変形性膝関節症がありますが、この疾患に初期は、歩いている時や運動をしている時には痛みがあっても、動かないで暫く安静にしていると痛みが消えていきます。
慢性関節リウマチなどでは、動かしても動かさなくても痛みが起こります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.