膝の痛み >  膝の痛みは何故起こるのか

膝の痛みは何故起こるのか

膝は大腿骨と脛骨の間にある関節で、体重を支えたり、体を動かしたりするために大切な役割を担っている場所です。
非常に複雑でスムーズな動きをするのが特徴で、足を曲げ伸ばすことや捻ること、転がる運動、滑る運動などを同時に行っても対処できるようになっています。
そのため、かなり負担がかかり痛みのでやすい場所となっているのです。
膝は、平らな地面を歩いている時でも体重の約3倍もの負荷がかかり、階段の昇り降りをする時には約7倍、走っている時には約10倍もの負荷がかかってしまうのです。
膝には、日常的にこのような大きな衝撃が加わることが多いために、痛みが発症してしまうのです。
また、腰痛がある人は腰を庇っての動作が足に負担をかけることとなるので、膝の痛みがでることがあるようです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.