膝の痛み >  中高年に多い膝の痛み

中高年に多い膝の痛み

中高年に多い膝の痛みは、関節の軟骨がすり減ることによって、変形や炎症を起こし痛みがでる変形性膝関節症です。
条件によっては若い人でも発症することがあるものですが、多くは加齢によって関節が老化してしまうことが原因で起こる病気です。
主にスポーツ活動中に損傷することの多い膝の半月板損傷も、中高年の膝の痛みの原因として多くなってきています。
半月板とは三日月のような形をしていて、膝の関節の中にある軟骨のクッションのような役割をしているものです。
半月板は、膝にかかる体重の負荷が一点に集中しないように、分散してくれているのですが、この部分が損傷すると、分散ができなくなるので、膝の変形が進行していって痛みも頻繁に起こるようになってしまいます。
半月板は断裂した場所によっては自然と治す事はできませんので、手術によって半月板を削り滑らかにして、かけらを取り除き治療します。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.