膝の痛み >  膝の痛みで考えられる病気

膝の痛みで考えられる病気

膝に痛みがあらわれる病気で多いといわれているのは変形性膝関節症です。
この病気による膝の痛みは急激に起るのではなく、徐々に痛みが進行していくのが特徴です。
一般的には40歳以降に発症する事が多いとされています。
20歳から50歳代の間に発症することの多いリウマチ関節炎でもひざの痛みがあらわれます。
なんの兆しもなく突然痛みがでることが多く、膝だけでなく手や肘などの関節も腫れて痛くなる場合があります。
夜間に激しい痛みを起こしてしまうものは、骨壊死といって膝の軟骨の下にある骨が潰れてきてしまう病気です。
捻挫や運動などで過大な負担がかかり、軟骨と軟骨の間にある半月板に裂け目が入って痛み引き起こす病気を膝半月板損傷といいます。
そのほかに、膝蓋骨脱臼・亜脱臼、膝関節側副靭帯損傷、前十字靭帯損傷、後十字靭帯損傷、膝蓋軟骨軟化症などがあります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.