膝の痛み >  膝の痛みの原因とは

膝の痛みの原因とは

膝の痛みの原因となるものを大きく分けると、日常の生活習慣において足に負担をかけたために起こってしまうことと、加齢によって関節が衰えてしまうことに分けられます。
生活習慣が原因となっているものには、体質や肥満があげられるでしょう。
体重が増えればそれだけ膝にかかる負担も増えてきてしまうものです。
1キログラム増えれば膝の負担は倍以上になるといわれているので、それだけの負担がかかれば痛くなってしまうのも頷けるのではないでしょうか。
原因が加齢によるものの場合は、ひざの軟骨が擦り減ることで痛みがあらわれると考えられます。
生活習慣や加齢による老化以外の原因としては、事故による後遺症や怪我、水がたまってしまっていることや骨の歪みなどがあげられます。
また、過激な運動やトレーニングも膝に負担がかかり痛みがでやすくなるものです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.