膝の痛み >  膝の痛みについて

膝の痛みについて

人の下肢には、下肢を動かす機能と体重を支える機能の二つを担っている股関節、膝関節、足関節の大きな三つの関節があります。
なかでも膝関節は中心的な役割をもっています。
膝関節には、平地を歩く時で体重の1.5倍から2倍くらい、階段の昇り降りで2倍から3倍、走る時には約5倍以上と大きな負荷がかかっているので、痛みが出やすい場所といえるのです。
膝の痛みには、急激に痛くなる場合や、徐々に症状が進行していくという場合があります。
歩き出したり立ち上がるなどの動作の時に、ひざが痛くなったら気をつけましょう。
症状がすぐに治まったとしても、一度壊れた関節は元には戻りにくいものなので、また痛くなってしまう可能性が高いのです。
ひざに痛みや違和感を感じたら、放置せずに病院へ行く事が大切です。
我慢していると、日常的に痛い側の足をカバーしてしまい、骨や筋肉を細くしてしまう場合があるので気をつけなければなりません。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.