膝の痛み >  オスグッド病による膝の痛み

オスグッド病による膝の痛み

小学校高学年から中学生くらいの10代前半にみられる「オスグッド病」というものがあります。オスグッド病とは、こったんしょう骨端症です。成長期にみられる骨の疾患で、こったんしょう骨端軟骨が一部剥がれた状態のことです。痛みは、膝の前方部分に起こります。痛み以外に腫れもみられることもあり、ひどくなると歩くだけでも痛みを伴うようになります。オスグッド病になる原因にはさまざまな説があります。現在ではスポーツなどによる「使いすぎ」が原因とされています。治療の方法は、やっているスポーツの種類や膝の痛みの程度にもよります。しかし、膝の痛みがひどいときは、スポーツを一時休止しなければならないこともあります。そうでなければ、スポーツをやりつつ治療をしていきます。軽度の場合は、痛みを改善するために消炎鎮痛剤入りの外用薬を使用します。スポーツ時に痛みを感じたり、痛みが続くときはサポーターを装着するなどします。あとは、スポーツ前後のストレッチや冷却することも痛み改善、予防には効果的です。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.