膝の痛み >  膝に痛みが起こる病気

膝に痛みが起こる病気

年が重なれば重なるほど、階段の上り下りなどで膝に痛みを感じる人は増えます。膝に痛みが起こる原因の多くは「変形性膝関節症」という疾患です。日ごろ膝に痛みを感じていても、そのまま放っておくと膝の関節が変形してしまい、痛みもひどくなり歩きづらくなります。また、うるおいが減るためになめらかな動きができなくなります。この疾患は女性がなりやすく、特にO脚、筋力低下している、肥満、スポーツやケガなどによって膝へ負担をかけたことがあるなどの場合、なりやすいです。他に膝の痛みを伴う疾患は次のようなものがあります。免疫異常によって関節が壊される「関節リウマチ」・・両膝の痛みや関節のこわばりなどがみられ、発熱やだるさなど全身におよぶこともあります。関節の炎症を起こす「痛風・偽痛風」・・激しい痛みが急に起きたり、夜になるとひどく痛みを伴うことがあります。細菌の感染したことによって関節に炎症を起こす「化膿性関節炎」・・痛み以外に、腫れや発熱などもみられます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.