膝の痛み >  ひざへ悪影響となる原因と対策

ひざへ悪影響となる原因と対策

日頃の生活の動作において、ひざへ大きく負担をかけています。
ひざの痛みを改善するために、運動療法と併せて日頃の生活における動作もひざにかかる負担を少なくするようにすることが大切です。
●トイレ
和式トイレを使うと、ひざを深く曲げる必要があります。
そのため、ひざにかかる負担は大きくなります。
和式トイレを簡易的な洋式便座を使えば、洋式トイレとして使用できるので、ひざへの負担を少なくすることができます。
●寝具
布団を敷いて寝ている場合は、起き上がり立ち上がるときに、ひざに大きく負担をかけることになります。
ですから、ベッドに変更するだけで、立ち上がりもしやすく、ひざへの負担を少なくすることができます。
●座る姿勢
正座で座っているとやはりひざへ大きく負担をかけることになります。
イスを使った生活の方がひざをあまり曲げなくて済むので、ひざへの負担を少なくすることができます。
●O脚
O脚の場合、ひざの内側に大きく負担をかけることになります。
その場合は、負担を軽減するための補助具などを利用します。
●猫背
猫背の姿勢で歩くとひざに大きく負担をかけることになります。
正しい姿勢で歩くとひざへの負担を少なくすることができます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.