膝の痛み >  ひざの痛み

ひざの痛み

ひざの痛みを伴う変形膝関節症は、脚の筋肉が関係しています。
ひざと股関節を支えている筋肉は、前部分は、内転筋と大腿四頭筋です。
後ろ部分は中殿筋という筋肉です。
これらの脚を支える筋肉が衰えることで、ひざが不安定になります。
すると、ひざの関節に大きく負担をかけることになり、ひざの痛みを起こしやすくなります。
ですから、ひざの痛みを改善するには、運動療法よって脚の筋肉を鍛えることが大切です。
また、体型が肥満の場合でも、膝へ大きく負担をかけることになり、ひざの痛みを増加させる原因となります。
肥満解消や予防にもなるので運動療法がおすすめです。
体重が減ると膝へかかる負担も軽減されます。
また、ひざの痛みを治すには、薬物療法による治療法もあります。
ひざの痛みを和らげる効果があるとわかっています。
ひざに痛みがあるからとひざを動かさないようにするのではなく、無理のない程度に運動をして、脚を支えるための筋肉を鍛えることをおすすめします。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.