膝痛とダイエット >  膝に負担をかける肥満

膝に負担をかける肥満

膝にとって肥満はよくありません。それぞれの膝の関節に体重の半分ずつがかかっているからです。

単純に考えると、歩いている状態では、瞬間的に片方の膝に全体重がかかることになります。ましてや、ジャンプしたり、飛び降りたりしたときには、勢いがつくので、さらに荷重がかかることになります。

肥満の原因のひとつに、食生活の豊かさから摂取エネルギーが過剰気味になり、消費エネルギーを上回っていることがあります。とくに膝痛の人の場合、痛みがあるためどうしても運動不足になりがちです。その結果、消費エネルギーより摂取エネルギーの方が過剰になり、体重が増えるという悪循環になってしまいます。

一般的な肥満度の計算方法であるBMI法〔BMI=体重(kg)÷身長(m)の二乗〕によると、

男性はBMIが27以上、女性は26以上で「要注意の肥満」となります。

変形性膝関節症の発生をBMIが25以上の人の場合と25未満の人の場合で比較した結果、BMIが25以上の人の発生は31.6%であるのに対し、25未満の人の発生は17.6%と明らかに違いがあるというデータがでました。

膝のことを考えると、BMIが25を超えないようにすることが良いといえます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.