膝の痛みの薬 >  関節の痛みによい成分

関節の痛みによい成分

鎮痛薬などによって痛みが軽くなったとしても、根本的な原因が治っていないので、しばらくすると痛みが起こることがあります。そこで、注目されているものがあります。それは「グルコサミン」「コンドロイチン」「MSM」などの成分「軟骨の成分」です。そして、軟骨細胞の再び作られるように促す働きがあります。グルコサミンは、軟骨の元となるものを作ります。アミノ糖の一種です。体の中で作られていますが、加齢によって作られる量が減少していきます。コンドロイチンは、細胞に水分や栄養を与え、老廃物を排出させています。ムコ多糖の一種です。骨や軟骨など体の中に広くありますが、加齢によって作られる量は減少します。MSM(メチルスルフォニルメタン)は、コラーゲンやたんぱく質を作るために必要なものです。有機イオウ化合物の一種です。ほとんどの動植物には必要なものです。調理する際に大きく失われてしまうので、食事だけでは不足ぎみになります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.