膝の痛みと病院 >  膝の痛みの検査法

膝の痛みの検査法

膝の痛みで医療機関を受診すると、まず、医師による問診が行われます。
膝の痛みの程度」「膝の痛みが現れ始めた時期」「膝が痛む時の状況」などを詳しく聞かれます。
問診で膝の痛みの症状を確認してから、「エックス線検査」や「血液検査」などが行われます。
膝の痛みは、関節リウマチの場合もあるので、関節リウマチや他の病気との鑑別のために血液検査が行われます。
膝の痛みの原因が、半月板の異常だと考えられる場合、エックス線検査だけでなく、「MRI(磁気共鳴画像)検査」も行われます。
これは、エックス線写真には軟骨が写らないためです。
変形性膝関節症と症状が似ている病気に、骨組織が壊死する病気などもあります。
膝の痛みがあった場合は、できるだけ早く整形外科を受診して、きちんと医師の診断を受けることが大切です。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.