子供の膝の痛み >  心配しなくてもいい子どもの膝の痛み

心配しなくてもいい子どもの膝の痛み

3歳から5歳くらいの子どもに起こる膝の痛みに、夜になると痛くなり、朝になると何事もなかったように痛さが消えてしまうものがあります。
検査をしても骨などにも異常がみつからず、原因もわからない、このような症状を成長痛と呼んでいます。
太もも、ふくらはぎ、足首などにも症状があらわれますが、膝の痛みが最も多いとされています。
成長痛による膝の痛みは、自然と治癒する良性のものですので、特別な治療法はありません。
活動性が非常に高いこの時期において、精神的に不安定になると膝の痛みが増してしまうこともあるようですので、よく理解してあげてスキンシップを目的に痛い部分をさすってあげるなどして、子どもを安心させる事が大切になります。
症状を抑えるために湿布をしたりしますが、成長痛の場合は逆に皮膚を刺激して症状を酷くしてしまうことになってしまうので注意しましょう。
痛みが起こるのが夜間だけで、朝は痛くないというのであれば何も心配はいりません。
しかし、朝になっても痛がったりする場合は他の病気を疑ってみる必要があります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.