子供の膝の痛み >  成長痛による膝の痛み

成長痛による膝の痛み

発育段階の子供には、成長痛という膝に痛みが出ることがあります。夜になると膝に痛みが出て、朝には痛みがなくなります。そして、検査をしたとしても何も異常がないのです。痛み出るところは、膝が一番多く、他に太ももやふくらはぎ、足首にも痛みが出ることもあります。また、どこに痛みがあるとはっきりしないこともあります。急激な成長によって、骨とその周りのズレが原因だとされています。この痛みを伴う成長痛は、放っておいても治ります。しかし、膝の痛みが本当に成長痛なのかどうかはっきりさせておくことをおすすめします。なぜなら、膝の痛みが脊椎の疾患や骨の腫瘍によって起こっている可能性もあるので、医療機関へ行くことも大切です。また、精神的な緊張などによっても、神経や骨などに影響を与えてしまうことがあり、膝などに痛みを起こすこともあります。ですから、親は躾と厳しくするだけでなく優しく見守ってあげることも痛みを治すための1つです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.