膝の痛みの対処方法 >  自宅でできる運動療法

自宅でできる運動療法

膝の痛みを伴う変形性膝関節症の症状を進行させないために、自宅でできる運動療法を紹介します。しかし、この運動療法を行うにしても、無理をしてはいけません。また、医師の指導を受けたうえで行うようにしてください。1.太ももを鍛える運動(1)・・・イスに座り背筋を伸ばします。膝を前にゆっくり伸ばします。その姿勢を4秒間キープしてゆっくり下ろします。この動作を4?5回行います。そのときに、足首に重りをつけたりしてはいけません。2.太ももを鍛える運動(2)・・・仰向けに寝ます。片足を曲げて、片足は伸ばします。その伸ばした脚を上にゆっくり上げます。その姿勢を4秒間キープしてゆっくり下ろします。この動作を4?5回行います。3.風呂でできる運動・・・浴槽に脚をつけて、浴槽を押すように膝に力を入れます。その姿勢を4秒間キープしてゆっくり下ろします。この動作を30回くらい行います。4.股関節の筋肉を鍛える運動・・・脚を伸ばした状態で横向きに寝ます。股を開くように片足を上に上げます。その姿勢を4秒間キープしてゆっくり下ろします。この動作を4?5回行います。5.柔軟性をよくする運動・・・脚を伸ばして床に座ります。膝に力を入れてつま先を伸ばします。その姿勢を4秒間キープします。つま先を反らします。その姿勢を4秒間キープします。この動作を片脚各20回くらいずつ行います。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.