膝の痛みの対処方法 >  可動域訓練で膝痛を改善

可動域訓練で膝痛を改善

膝を元気にするためには安静にしすぎることは逆効果となります。

「変形性膝関節症」の場合は、痛みが取れたら少しずつ「膝を動かす可動域訓練」をすることが必要です。

可動域訓練は、変形性膝関節症によって動きが悪くなった関節や、動く範囲が狭くなった関節の動きを改善させ動きの範囲を広くするために行われます。

膝の曲げ伸ばしをする訓練の場合は、まず膝を充分温めてから行うと痛みも少なく、関節や筋肉も柔軟になっているのでより効果的です。
温める方法としては、蒸しタオルを10分程度膝に当てたり、入浴時に浴槽のなかで訓練したりするのが良いでしょう。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.