膝の痛みの対処方法 >  膝の負担を減らす工夫

膝の負担を減らす工夫

膝の痛みがあるときに、膝の負担を減らす生活の工夫として、階段の上り下りで、膝に負担をかけないようにするには、手すりにつかまり、1段ずつ脚を揃えながら上り下りをするといいでしょう。
上るときは、手すりを使って膝の痛みの無い側の脚から上り、次に膝の痛みのある側の脚を揃えます。
下りるときは、手すりを支えにして膝の痛みがある側の脚から下り、次に膝の痛みの無い側の脚を揃えます。
手すりが無い場合には杖を使うといいでしょう。
そして、膝の痛みがあるときに、どうしても正座をしなければならない場合は、座布団を半分に折って、お尻とふくらはぎの間に挟んで、膝が曲がる角度を減らし、膝への負担を軽減させるといいでしょう。
しかし、正座をすると、膝を曲げた状態で脚に体重がかかるために膝に大きな負担がかかります。
そのため、変形性膝関節症がある場合は正座を避けることが大切です。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.