膝の痛みの対処方法

膝の負担を減らす工夫

膝の痛みがあるときに、膝の負担を減らす生活の工夫として、階段の上り下りで、膝に負担をかけないようにするには、手すりにつかまり、1段ずつ脚を揃えながら上り下りをするといいでしょう。 上るときは、手すりを使って膝の痛みの無い側の脚から上り、次に膝の痛みのある側の脚を揃えます。 下りるときは、手すりを支えにして膝の痛みがある側の脚から下り、次に膝の痛みの無い側の脚を揃えます。 手すりが無い場合には杖を使...

可動域訓練で膝痛を改善

膝を元気にするためには安静にしすぎることは逆効果となります。 「変形性膝関節症」の場合は、痛みが取れたら少しずつ「膝を動かす可動域訓練」をすることが必要です。 可動域訓練は、変形性膝関節症によって動きが悪くなった関節や、動く範囲が狭くなった関節の動きを改善させ動きの範囲を広くするために行われます。 膝の曲げ伸ばしをする訓練の場合は、まず膝を充分温めてから行うと痛みも少なく、関節や筋肉も柔軟になって...

膝痛時の家族・周囲の対応

家族が外出するとき、膝が痛いから家でゆっくりしている方が 「本人のため」と思って留守番ばかりさせないでください。 動けないほどの痛みがある時は仕方がありませんが、膝の調子がよいときには誘って一緒に出かける方が本人のためにはいいのです。 家事に関しても同じことが言えます。何もさせないことで本人をかばっていると考えるのは誤解です。 できる範囲での簡単な家事を手伝ってやってもらう方が本人のためになります...

膝の状態チェック

膝の痛みを伴う「変形性膝関節症」がみられる人は、年を重ねるごと多くなります。女性の方が変形性膝関節症になる人は多くみられます。日本人はO脚になりやすく、膝の内側に変形が強くみられるようです。膝に痛みを伴う変形性膝関節症という疾患があります。しかし、初期では痛みなどの自覚症状を感じることがないです。中期なると膝の曲げ伸ばしや歩行によって、変形した軟骨や半月板の刺激を受け関節炎が起こり、痛みを感じるよ...

膝の痛みによる状態チェック

膝に痛みを伴う変形性膝関節症という疾患があります。しかし、初期では痛みなどの自覚症状を感じることがないです。そこで、次の項目をチェックしてみてください。1つでも当てはまる人は、変形性膝関節症の疑いがあります。1.歩き始めに痛みがあります。2.床やイスから立ち上がるときに痛みがあります。3.長い時間歩くと膝に痛みが出ます。4.階段を降りるときに膝に痛みがあります。5.しゃがんだり、正座するのがつらい...

自宅でできる運動療法

膝の痛みを伴う変形性膝関節症の症状を進行させないために、自宅でできる運動療法を紹介します。しかし、この運動療法を行うにしても、無理をしてはいけません。また、医師の指導を受けたうえで行うようにしてください。1.太ももを鍛える運動(1)・・・イスに座り背筋を伸ばします。膝を前にゆっくり伸ばします。その姿勢を4秒間キープしてゆっくり下ろします。この動作を4?5回行います。そのときに、足首に重りをつけたり...

痛みの予防

成長期の膝の痛みを予防、改善するにはストレッチが効果的です。ストレッチとは、特に道具も使わずに、気軽に簡単にできる筋肉に刺激を与える程度の運動です。ストレッチをすることにより、「痛みなどの予防」「血行改善」「自然治癒力の向上」「筋肉や腱の緊張などを解消」「老化予防」などの効果があります。現代の子供は運動量が少なく、室内で座っていることが多く、運動不足になりがちです。そのため、筋力の発達が悪く、子供...

膝の痛みを和らげるためには

膝の痛みを和らげるためには、日ごろの動きなど気をつけます。そこで、いくつかのポイントを紹介します。まず、「膝を深く曲げて座ることを避けます。」膝を90度以上曲げて座ること、和式トイレなどによるしゃがみと立ち上がりなどは、大きく負担をかけるため痛みを感じることがあります。ですから、イスやソファーなどを使い、一定の高さを保つようにします。次に「体を冷やさないようにします。」触れてみて冷たくなっていれば...

食事やサプリメントによる改善

肥満による膝の痛みの場合、食事改善やダイエットを行って膝の痛みを解消します。膝に痛みが起こるのは、膝の軟骨筋が弱っていることが原因でもあります。そのため、膝の痛みが起こらないようにコラーゲン質を不足させない食事をすることを心がけます。コラーゲン質を摂取するには、「魚のアラ」や「豚肉」を使った料理がおすすめです。魚のアラを使った料理は、「味噌汁」「鍋料理」などだしとして使ってもよいと思います。また、...

膝の痛みがある時は

膝に痛みがある時は安静にしているのが一番ですが、生活するうえで安静にするというのは難しいことですので、症状がでやすいような動作をする時には気をつけて少し工夫をしていく必要があります。 朝起きてすぐに動こうとすると痛くなることが多いので、動く前にひざ周囲をよく揉み解し、少しずつ曲げ伸ばしをしていって歩き出すようにしましょう。 歩行時には、杖やシルバーカーを持って負担を減らすようにすることも大切です。...

お医者さんのひざベルト 薄手しっかりタイプ
Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.