膝痛と日常生活 >  正しい歩き方で膝痛を克服

正しい歩き方で膝痛を克服

間違った歩き方によって、膝痛・変形性膝関節症を発生させてしまっているケースもあります。

正しい歩き方を知って、痛みを出さないように歩けるように心がけましょう。

歩く時、人間の足裏は次の3点「かかと」「小指の付け根」「親指先」で歩行することが基本です。

これは、土踏まずの縦のアーチで衝撃を吸収し、親指の付け根から小指にかけての横のアーチで体の横揺れを防ぐように作られているためです。


○足裏の3点をそれぞれ、かかと50%、小指の付け根25%、親指25%の比率で順番に着地します。
  これが膝への「過剰な衝撃」を防ぐ正しい歩き方です。

○歩くときの体重移動は常に膝を中心とします。膝を伸ばしきって歩くのではなく、上下にゆとりを持たせてにリズミカルに歩くことが大切です。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.