膝痛に関する症状 >  膝痛を引起す外反母趾と指上げ歩き

膝痛を引起す外反母趾と指上げ歩き

外反母趾には、親指が小指側に曲がる「靭帯性外反母趾」と、親指は曲がらないで付け根の骨だけが出っ張って曲がったように見える「仮骨性外反母趾」があります。
いずれも曲がり初めに痛みがでます。
外反母趾は、足裏の刺激不足が原因で、中足関節がゆるみ、足指の力が衰えてしまうことが原因です。
またハイヒールなどの先の細い靴を履くことで曲がっていくことも原因の一つです。
症状のひどいときには、靴が履けなかったり、歩けなくなることもあり、腰痛や膝の病気を引き起こすことにもなります。

ちなみに「変形性膝関節症」のほとんどの人が外反母趾であるといわれています。


指上げ歩きとは、靴の先を、足指に引っ掛けて歩くことです。
また、足を靴にフィットさせようと足指を上げたり、指をちぢ込ませて靴が脱げないように歩くクセが付いてしまっておこる症状です。
指上げ歩きは「変形性膝関節症」や「腰椎ヘルニア」の原因にもなります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.