膝痛 >  膝とは

膝とは

膝は、大腿骨(太もも)と脛骨(すね)の間に位置しています。そして、膝蓋骨(さら)の3つの骨からなっています。膝の前面のところを「膝頭」や「膝小僧」といいます。
膝蓋骨と大腿骨、大腿骨と脛骨の間にはクッションの役目をする「関節軟骨」というものがあります。
そして、大腿骨と脛骨の間には「半月板」というものがあります。
膝にあたるところには、4本の靭帯があり、安定性を保つ働きをしています。
また、曲げ伸ばしの動きができるのは、筋肉や腱によって行われています。
さらに、膝の全体を滑膜で裏打ちされた関節包というものが覆われています。
この滑膜で関節液というものが作られ、この関節液によって滑らかに動くようになっています。
そして、体重を支えるために大きく負担がかかります。
そのため、スポーツなどにおいて負傷して痛みを起こすことも多いです。
また、横に捻る動作ができず、伸ばした状態では、正面から受ける衝撃に対しては弱いです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.