膝痛 >  膝痛に関係のある関節液

膝痛に関係のある関節液

「膝に水がたまる」といいますが、実際にはたまるのは「関節液」で、専門的には「関節水症」といいます。
膝関節の関節包の中にたまります。

通常、関節液は1ccにも満たない量に保たれていますが、膝の関節軟骨が傷ついたり破壊されたりすると滑膜に炎症がおこり、その結果関節液が多量に分泌されます。それで膝の関節内に関節液がたまります。

少したまっているくらいなら関節液を抜く必要はなく、炎症が治まれば自然と吸収されますが、傷みや腫れがひどい場合は注射器で関節液を抜く治療を行うこともあります。

しかし一時的に関節液を抜いても膝の症状が改善されていなければまたたまってしまいます。
「膝の水を抜くとクセになる」などとよくいわれますが、これはクセではなく膝の炎症が改善されていないために起こる現象です。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.