膝痛 >  関節軟骨と膝痛の関係

関節軟骨と膝痛の関係

膝の関節軟骨は大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)のあいだにある軟骨です。
関節軟骨は骨と比べると弾力性があり、タイヤのゴム程度の柔らかさのある軟骨です。
また、表面は非常になめらかでツルツルしています。
摩擦もないため膝はスムーズに動き、骨が直接すり減ることがないのです。

したがって、絶えず新陳代謝が行われてこのツルツルや弾力を保つ必要があります。
しかし、膝の軟骨には血管がないため滑膜から分泌される関節液を栄養源としています。
血管がないため軟骨をつくる細胞が供給されないので、軟骨がいったん傷ついたりすり減ったりしたとき修復されにくい、という性質を持っています。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.