膝の痛みと運動・スポーツ >  スポーツをする子どもにみられる膝の痛み

スポーツをする子どもにみられる膝の痛み

10歳から15歳くらいの子どもで、サッカーや野球、バスケットボール、バレーボールなどをしている子に多くみられる膝の痛みがあらわれる病気に「オスグッド・シュラッター病」というものがあります。
オスグッド病は、膝のお皿(膝蓋骨)のしたの骨が腫れたり、突き出したりして痛みが起こるもので、ランニングをしている時など体を動かしていると膝の痛みが生じますが、スポーツをやめて安静にしていれば痛みは治っていくものです。
但し、高校生や大人になってまで膝の痛みを感じるようならば、手術を行なわなくてはならない場合もあります。
10歳から15歳くらいまでは、身長の伸びが著しい時期なので、骨の成長に対して筋肉の成長が追いつかない状態となっています。
しかし、強さは成長中の骨よりも筋肉の方が強いので、ランニングやジャンプなどを行なうと靱帯や筋肉が付着している軟骨に負担がかかり過ぎてしまい、その部位に炎症が起こり腫れて膝に痛みが起こってしまうのです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.