膝の痛みと運動・スポーツ >  膝を鍛えるスクワット

膝を鍛えるスクワット

日ごろの生活での膝の痛みは、軟骨などの変形によって起こる疾患ということもあります。膝の痛みを伴う疾患「変形性膝関節症」が多くみられます。スポーツによって起こる膝の痛みは、大腿部の外側を走る靭帯が炎症したことで、膝まで痛みが起こることが多いです。炎症によって起こる症状は、「膝の外側の痛み」「膝の屈伸時の痛み」などです。このようなスポーツによる痛みのときは、医療機関に行って、治療してもらう必要があります。医師による治療を続け、膝の痛みを治したしたとしても、また膝に痛みを引き起こす可能性はあります。ですから、何度も同じ痛みを起こさせないために予防が必要です。そこで、スクワットが有効です。1.足を肩幅に広げて立ちます。2.両手は頭の後ろに当てておきます。3.呼吸をしながら膝を曲げていきます。4.元の状態に戻ります。この動作を20、30回目安に行います。回数は徐々に増やしていきます。すると、太ももの筋肉を鍛えることができ、膝の痛みを予防することができます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.