膝の痛みと運動・スポーツ >  膝痛時のウォーキング

膝痛時のウォーキング

ウォーキングは、体の重みを膝にかけて歩くことで膝を強くし、丈夫にすることが目的です。

膝に重みをかけるトレーニングですから、痛みの急性期にやってはいけません。

娯楽や健康増進ではなく、目的が膝の治療だということを忘れてはいけません。

膝痛がとれて、何か運動を始めるときは、水中ウォーキング、つかまり足ふみ、その場足ふみなどが最適です。膝の治療体操にもなります。


ウォーキングの基準と注意事項

○1週間に2回以上は実行する。

○1回の時間は20分以上行う。

○歩数にはこだわらない。

○階段や坂道は避け、平地を歩くようにする。

○必ずウオーキングシューズを履いて行うこと。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.