膝の痛みと運動・スポーツ >  膝痛の主な病名-ランナー膝

膝痛の主な病名-ランナー膝

ランナー膝は、ランニング中、正常な状態であれば膝蓋骨はわずかに上下に動き、大腿骨に触れることはありませんが、膝蓋骨の裏側と大腿骨の末端部がすれることで痛みを生じる症状です。
ランナー膝(膝蓋大腿骨ストレス症候群)は、ひざを動かすとひざの皿(膝蓋骨)と太ももの骨(大腿骨)の下端がすれ合う状態のことをいいます。
ランニング中に膝蓋骨の裏側あたりに痛みや、腫れが起こります。最初は下り坂のときだけ感じられた痛みが、次第にどこを走っていても痛みが生じるようになり、やがて普通の歩行(特に階段を下りるとき)でも痛みを伴うようになります。
この場合は、痛みが消失するまでは、走るのをやめることが大切です。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.