膝の痛みと運動・スポーツ >  運動療法の効果

運動療法の効果

慢性的な膝の痛みが続く変形性関節症の治療の基本は、膝を支えている周囲の筋肉を鍛える「運動療法」です。
運動を継続する事で、膝関節を支えている筋肉が安定し、膝の痛みを軽減させる効果が期待できます。
その他に運動療法の効果は、関節軟骨が軽い刺激を受けたり、膝関節に栄養が行き渡る事で、軟骨細胞が活性化します。
そうすると、関節軟骨の状態がよくなって、磨り減りにくくなります。
また、運動する事で、肥満の予防や解消に繋がります。
膝の痛みがあるからと動かさないでいると筋肉などが弱り、症状が進行してしまうため、膝の痛みも強くなります。
そうならないため積極的に運動を行う事が大切です。
運動療法は薬物療法よりも膝の痛みを抑える効果が期待できるものです。
出来る範囲で、根気よく運動を続けていく事で、膝を支える筋肉を鍛え、膝の痛みを軽減させましょう。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.