膝痛の治療 >  オスグッド病の原因と治療法

オスグッド病の原因と治療法

オスグッド病は、スポーツなどによって体を使いすぎて痛みが起こる「使いすぎ症候群」の1つとされていて、疲労骨折と考えても良いのではないでしょうか。
膝を伸ばすための太ももの筋肉(大腿四頭筋)は、膝のお皿(膝蓋骨)とお皿の下の筋(膝蓋靱帯)を介して脛骨粗面についています。
そのため、激しい運動をして太ももの筋肉が収縮すると、膝蓋靱帯をとおして脛骨粗面に負荷が繰り返しかかり、骨端軟骨が飛び出したり剥がれたりして炎症が起こり膝の痛みとなってあらわれるのです。
オスグッド病での膝の痛みは、繰り返し起こるものですが、成長が終了すると殆どの場合痛みがなくなるのが特徴です。
オスグッド病による膝の痛みの治療は、温めることが大切で、膝の痛みが強い場合にはギプスで固定し安静を図ることもあります。
基本的には、運動を続けながら治療を行なえるもので、消炎鎮痛入りの湿布を貼ったり、特殊なサポーターを装着したりして治して行きます。
膝の痛みが非常に強い場合には運動を中止する必要がでてきます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.