膝痛の治療 >  自分でできる膝の痛みの治療法

自分でできる膝の痛みの治療法

重症な膝の痛みの場合は病院で治療を受けなければなりませんが、軽症ならば自分でも治療する事ができます。
痛みの出始めは炎症を起こしている場合があるので、患部を冷湿布などで冷やすようにします。
炎症が治まったら温湿布を貼ったり、カイロをタオルで巻いてあてたり、お風呂で全身を温める温熱療法を行ないます。
痛みを改善するには、日頃から膝を冷やさないようにすることが大切ですので、サポーターをつけたり、タイツなどを履くようにすると効果的です。
ひざを安定させるために必要な太股の内側広筋を鍛える体操を続けていくと、症状が初期の段階であれば痛みが治まっていきます。
ひざの周りの筋肉を鍛える事も痛みをなくすために大切な事です。
椅子に座ってゆっくりと膝を曲げ伸ばしを繰り返し行ないましょう。
但し、炎症が強い時や、軟骨や半月板が傷ついている場合は無理をしないようにしましょう。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.