膝痛の治療 >  血行改善で炎症を抑える

血行改善で炎症を抑える

膝関節を温めたり冷やしたりする事で、膝の痛みが軽減されます。
変形性膝関節症の慢性的な膝の痛みに対しては、膝関節を温めるのが基本の治療になります。
膝の痛みを和らげるために、お風呂にゆっくり入浴したり、適温に温めたタオルを膝に当てたりしてよく温め、血行をよくします。
温める時は、やけどに注意をしましょう。
また、膝の痛みのほかに膝関節に腫れや熱があるときは、温めるのは避け、氷のうを当てたりして冷やします。
膝をタオルで覆い、その上に氷と水を入れた氷のうを置くようにして冷やします。
冷やしている時は血行が収縮していますが、冷やし終わった時に一気に血管が拡張して血行がよくなり、膝の痛みが和らぎます。
ただ、冷やしすぐや凍傷に注意して行なって下さい。
冷やした後、1時間以上たってから温めるという方法もあります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.