膝痛の治療 >  装具を使った治療法

装具を使った治療法

装具を使って、膝関節にかかる負担を減らしたり、膝関節を温めたりして、膝の痛みを和らげ、症状の進行を防ぐ治療方法があります。
装具には、「サポーター」「足底板」「機能的膝装具」などがあります。
これらの装具を使用したい場合は、整形外科の担当医と相談をして、症状や生活様式などに応じて、自分にあったものを選択して下さい。
また、装具をつけているときに痛い部分などがあるなど、気になることが何かあったら担当医に相談する事が大切です。
膝の痛みを和らげる装具それぞれの用途は次の通りです。
「サポーター」は、主に保温効果によって血行をよくする目的で使用されます。
「足底板」は、足の外側を高くすることでO脚を矯正し、膝への負担を軽減する装具です。
靴の中に入れるタイプや、足に直接着けるタイプなどがあります。
「機能的膝装具」は、3つの装具の中で膝の負担を軽減し、膝の痛みを和らげる効果が最も高く、膝が不安定で力が入りにくい場合に使用されます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.