膝痛の治療 >  膝の痛みの手術療法

膝の痛みの手術療法

日常生活に支障が来たすほど膝の痛みが強かった場合に、手術療法が検討されます。
膝が痛いからといって動かないでいると、余計に膝の痛みが増し症状が進行して、筋力や骨が弱ってしまいます。
さらには、寝たきりにつながる恐れもあるのです。
ですので、膝の痛みが現れた場合は、はじめ運動などの「保存療法」を行います。
保存療法を行なっても膝の痛みが改善しなかった時に、手術療法が選択されます。
手術にもいくつかの方法があるので、膝の痛みの症状や他の病気などを考慮しながら、自分にあった手術法を担当医とよく相談して選択することが大切です。
手術療法には、「頚骨の一部を取り除く手術」や「関節鏡を使った手術」や「人工関節に置き換える手術」などがあります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.