膝痛の治療 >  膝痛治療である関節鏡視下手術

膝痛治療である関節鏡視下手術

関節鏡視下手術は、今日行なわれている最も一般的な整形外科処置の一つです。

全身麻酔(患者が深く眠った無痛の状態)または鎮静剤投与(眠気を催した状態)または局所麻酔や脊椎麻酔(無痛の状態)で行う手術です。
膝関節にいくつかの小孔を開け、内視鏡(関節鏡)およびその他の器具を、膝関節に挿入します。

外科医は靱帯、半月板、膝蓋骨、関節の内張り(滑膜)、および関節のその他の部分を観察し、損傷した組織は切除することができます。

関節鏡検査法は、外側から靱帯や腱を修復する際に、膝の内側を観察するのに使用されます。

関節鏡視下外科手術は入院することなく外来で行なわれます。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.