変形性膝関節症について >  変形性膝関節症になりやすい人

変形性膝関節症になりやすい人

膝の痛みを伴う「変形性膝関節症」がみられる人は、年を重ねるごと多くなります。ある調査結果によると、レントゲン上で変形性膝関節症と診断できる人は、60歳以上の女性でおよそ40%になります。男性ではおよそ20%です。さらに80歳以上の女性の場合60%、男性の場合50%近くにもなります。そして、レントゲン上で変形性膝関節症が現れている人のおよそ20%の人に膝の痛みや腫れなどがみられます。また、どの年代においても女性の方が変形性膝関節症になる人は多くみられます。男女の割合では1.5倍から2倍も女性の方が多いです。日本人はO脚になりやすく、膝の内側に変形が強くみられるようです。そのため、次に当てはまる人は、特に注意することが大切です。「50歳以上の中高年」「女性」「肥満体形」「O脚」「若いころに激しいスポーツをしていた」「膝の筋肉が弱い」「よくハイヒールを履く」「足に合わない靴を履いている」などです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.