変形性膝関節症について >  変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症は、起床時に膝関節がこわばっているように感じます。
そして、歩き始めなど動作を開始した時に膝の痛みが現れます。
動作を続けていると、膝の痛みは軽くなったりと、膝の痛みが一時的であるため放置する人が多いのです。
しかし、変形性膝関節症の症状は徐々に悪化しながら進んでいます。
関節軟骨の磨耗が進行すると、動作中も膝の痛みが続くようになります。
膝に水がたまるようになったり、膝を動かしにくくなります。
膝の水は、炎症によって多く分泌された関節液です。
この関節液は、健康な人の量は2~3mℓですが、炎症が起こると20~30 mℓにも増えます。
さらに悪化すると歩行が困難になり、寝ているときなどの安静時にも膝の痛みが生じるようになります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.