変形性膝関節症について >  変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症の治療方法としては、「運動療法」と「生活改善」です。
運動療法は、膝をしっかりと支える筋肉を鍛える運動をします。
筋肉を鍛えることで、変形性膝関節症の進行を抑えたり、痛みを軽くしたりすることができます。
生活改善では、膝に負担をかけないような生活をこころがけます。
肥満の場合は、まず減量をすることから始めます。
3kg減量しただけでも、膝の痛みがほとんどなくなる場合もあります。
そして、ベッド、イスやテーブルを用いた洋式スタイルの生活に改善することです。
和式スタイルのような膝を深く曲げる生活を改善するだけで、膝へかかる負担を軽くすることができます。
また、杖などの装具を使うことでも、膝へかかる負担を軽くすることができます。
膝を安定させるサポーターやO脚を矯正する足底板などもおすすめです。
これらを使うことで、変形性膝関節症の進行を抑え、膝の痛みを軽くすることができます。
運動療法や生活改善でも効果が十分でないときは、薬物療法を併用します。
痛みが軽い場合は「消炎鎮痛薬」の塗り薬や貼り薬が使われます。
痛みがひどい場合は「内服薬」が使われます。
また、関節内に注射して炎症を抑える方法もあります。
それでも痛む場合には、手術が検討されることもあります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.