変形性膝関節症について >  変形性膝関節症

変形性膝関節症

膝が正常なときには、クッションの役目をする「関節軟骨」というものがあります。
そして、大腿骨と脛骨の間には「半月板」というものがあります。
膝にあたるところには、4本の靭帯があり、安定性を保つ働きをしています。
また、曲げ伸ばしができるのは、筋肉や腱によって行われています。
そして、膝の全体を滑膜で裏打ちされた関節包というもので覆われています。
この滑膜で関節液というものが作られます。
この関節液によって滑らかに動くようになっています。
しかし、変形性膝関節症になると、初期では痛みなどの自覚症状がありませんが、中期なると膝の曲げ伸ばしや歩行によって、変形した軟骨や半月板の刺激を受け関節炎が起こります。
すると痛みを感じるようになります。
また、関節液が多く分泌されることでみずがたまることもあります。
進行期になると、骨棘や露出したりします。
この状態になると激しい痛みを感じるようになり、生活においても支障をきたすようになります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.