変形性膝関節症について >  変形性膝関節症の診察と検査

変形性膝関節症の診察と検査

変形性膝関節症で医療機関において行われる主な診察や検査は次のようなものです。
●問診
ひざに痛みを感じるときは、整形外科を受診します。
そこで、整形外科の医師による問診を行います。
問診で聞かれることは、「いつ頃からひざに痛みを感じようになったのか」「ひざの痛みの程度」などです。
●血液検査
変形性膝関節症と似た症状を起こす病気があります。
そのため、鑑別するために血液検査を行います。
似た病気とは、「関節リウマチ」というものです。
この「関節リウマチ」の場合、「リウマトイド因子」「抗CCP抗体」などを血液の濃度で確認します。
●画像検査
まず「エックス線検査」を行います。
この「エックス線検査」で、ひざの関節の骨と骨の隙間などをチェックします。
さらに詳しく関節軟骨を調べるときは、「MPI(磁気共鳴画像)検査」を行います。
最近はより詳しく検査ができるようになり「3テスラ」というMRI検査が行われるようになってきました。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

Copyright (C) 膝の痛み・変形性膝関節症の対策 おすすめ膝サポーター. All Rights Reserved.